戸建て住宅の新築時に意外に重要なコンセント種類と位置

注文住宅のコンセント

注文住宅を新築する際には、決めることがたくさんあります。快適な室内環境、美しい外観と、居心地の良い内装、暮らしやすい間取りを実現するため、家づくりに必要な要素をあらゆる面から考えていかなくてはなりません。その結果、盲点になってしまいやすい部分の一つとして、コンセントとスイッチに数と位置があげられます。

コンセントとスイッチは、住宅性能や間取りと違って、家が完成した後にも増やせるので、あまり重要視されないのかもしれません。しかし、完成後にコンセントやスイッチの位置を変えたり、増やしたりすると、せっかく新築なのに、一部壁紙を剥がさなくてはならなくなることがあります。費用もかかります。

間取りプラン作成時には、造作家具や収納の配置を決めていきますが、その際、置き型の家具や家電の配置も考えながら進めていくことが大切です。家が完成後、家具や家電を配置して、後悔する要因には、窓の位置と開閉方法と並んで、コンセントやスイッチの種類と位置も挙げられます。

戸建て住宅で使うコンセントの種類

一般的な戸建て住宅で使うコンセントの種類を確認しておきましょう。

  • 基本のコンセント 壁に差し込み口がついているコンセントです。差し込み口は1つから3つです。
  • マグネットコンセント コードに足を引っかけてしまった場合、プラグが簡単に外れるようになっているコンセントです。子育て中や、高齢者のいる家庭では、コードに足を引っかけて転倒する事故のリスクを抑えられます。
  • 抜け止めコンセント プラグを差し込んでから指定の方向に回してロックするコンセントです。掃除をしている時などに、うっかりコンセントを引き抜いてしまうことがあります。このコンセントはパソコンなど、外れてしまうと面倒になることになる電気製品に向いています。プラグの抜き差し回数が多い場所には向いていません。
  • アースターミナルコンセント アース付コンセントです。洗濯機や、電子レンジ、食洗器など、使用する電気量が多い家電、水に濡れる心配のある場所に設置する家電用です。
  • 扉付コンセント 差し込み口に扉がついているコンセントです。子供が小さいうちは、コンセントに棒を差し込んだりしてしまうことがあるので、扉がついていると安心です。扉付コンセントの中には、普段は照明用のスイッチとして使い、扉を開けると内部にコンセントがあるタイプもあります。掃除機は、使う都度、コンセントに差し込みますが、照明スイッチと兼用のタイプの場合、かがまなくても差し込める位置にあるので、抜き差しが楽にできます。
  • 床用コンセント 床に設置するコンセントです。収納型とポップアップ型があります。どちらも、普段はしまっておき、コンセントを使う時だけ蓋を開けて使います。ダイニングテーブルの下に設置すると、鍋や焼き肉など、ホットプレートやIH調理器をテーブルの上で使う際に便利です。また、扇風機や、除湿器、加湿器など、床において使用する家電を、コンセントのすぐそばに配置できるので、コードが邪魔になりません。
  • マルチメディアコンセント インターネット、テレビ、電話、電源がまとめられているコンセントです。リビングのテレビ回りは、これらのコードが集まる場所なので、テレビ裏はコードがゴチャゴチャになってしまいます。コードがゴチャゴチャになると、掃除がしにくく、埃もたまりやすくなってしまいますが、マルチメディアコンセントがあると、かなりすっきりします。他の居室と、有線でもWi-Fiでも繋げられるので、家庭内LANを手軽に構築でき、寝室のテレビや、子供部屋、書斎でも、手軽にインターネット接続できます。
  • 充電用USBコンセント USBコンセントと電源が組み合わされたコンセントです。スマホやタブレットの充電ができます。USB Type-Cの場合には、ACアダプターをコンセントに差し込みます。書斎や寝室にあると便利です。

コンセントの場所別位置の決め方

キッチンのコンセントの位置

レンガ調タイル壁と連窓の家

各部屋の家具や家電の配置と、動線に配慮して位置を決めていきます。家具の裏になっても、コンセントは使えますが、使い勝手が悪いだけではなく、埃が溜まって、火災の原因になることもあります。防災の為にも、家具や家電とコンセントの位置関係は重要です。

冷暖房機器に関しては、冷暖房の方法に合わせて配線計画を作ります。また、将来的に増える可能性のある家電がある場合には、必要なコンセントの数が増えます。新しい家電を購入した際に、延長コードなどを使用しなくても済むよう、あらかじめコンセントを設けておきましょう。

キッチン

据え置き型の家電と、使用する時だけコンセントを使う家電があります。冷蔵庫、電子レンジ、食洗器などは、購入予定の家電のサイズをあらかじめ計っておきましょう。特に冷蔵庫は、想定した位置に数センチ足りなくて設置できないというようなことも起こりかねません。幅だけではなく、冷蔵庫より高い位置に設置できるよう、高さも計っておきましょう。電源を入れたままにする家電は、プラグとコンセントに埃が溜まり、発火するリスクがあるからです。

パントリー内に炊飯器やオーブントースターも置く予定であれば、置く予定の棚に背面にコンセントを設けます。ハンドミキサーなど、使用時だけコンセントを使う家電は、作業がしやすく、作業中に仮置きできるだけのスペースがある位置に、コンセントを配置します。

リビング・ダイニング

リビングダイニングのコンセントの位置

窓から緑を眺めて暮らせる家

リビング・ダイニングのコンセントの位置は、家電だけではなく、家具の位置、扉の開閉方法に配慮することも必要です。コンセントが家具の裏側になってしまったり、扉を開けると隠れてしまう位置になったりしてしまわないようにするためです。

テレビ回りにはマルチメディアコンセント、ダイニングテーブルの下には、床用コンセントが便利です。扇風機、除湿器、加湿器などは、通年使用するものではないので、使用しないときは、コンセントに埃がたまらないようにできる床用コンセントや扉付きコンセントが向いています。

子供部屋

まだ子供が小さいうちには、照明と掃除機用のコンセントだけで足りますが、学校に行くようになると、パソコンを使ったり、部屋で音楽を聴いたり、スマホを充電したりするようになり、必要なコンセントの数が増えます。勉強机の周辺に、そのような時期になった時に備えて、コンセントを設置しておきましょう。

寝室

ナイトテーブルに、埋込充電用USBコンセントがあると、就寝時にスマホの充電ができます。一般的なコンセントと組み合わされているので、ナイトスタンドのコードも差し込めます。

洗面所

洗面所を洗濯室としても使用する場合には、洗濯機の他に、アイロン、部屋干しファンなど、洗濯の仕上げに必要な家電のコンセントが必要です。アイロンをかけたり、洗濯物を畳んだりするスペースと、アイロンのコードの長さを考慮して、使いやすい位置にコンセントを設置します。

洗面台には、ドライヤー、電気カミソリなどのコンセントが必要ですが、水がかかる恐れがあるので、扉付きのコンセントにしておくと安心です。

住宅全般

  • 掃除機のコンセント 掃除機のコードの長さに合わせて設置します。基本的には床の近くに配置しますが、スイッチのある場所では、扉付きで内部にコンセントがついているタイプのスイッチを選ぶと、掃除機のコードの抜き差しが楽にできます。
  • 常夜灯のコンセント つける予定であれば、寝室や子供部屋からトイレまでの間の廊下の床近くにコンセントを設けます。人感センサー付きのナイトライトと組み合わされたコンセントを選ぶと、掃除器のコードにも使えるので便利です。

■ ■ ■

コンセントの位置だけではなく、スイッチや照明の位置も、暮らしやすさに大きくかかわります。使い勝手の良い位置に、設けられるよう、家具や家電を想定しながら間取りプランを進めることが理想的です。

万が一、内装工事が始まる段階になって、さらに必要なコンセントに気づいた場合には、施工を依頼する工務店に相談してみましょう。付け足しができる可能性があります。

蓮見工務店の家づくりへの想い

注文住宅,家づくり,設計

私たち蓮見工務店は、「工務店」+「設計事務所」ならではの
手作りの家づくりときめ細かいアフターメンテナンス、
そして設計事務所として培ってきた
デザイン性、高性能な家を提供させていただきます。

「熱を集め、移し、蓄える」

「風を通し、涼を採り、熱を排出する」

「直接的な日射を避ける」 「断熱・気密性を高める」

などのパッシブデザインも積極的に取り入れ、
今まで多くの雑誌にも掲載していただきました。

快適で心地よい暮らしは、設計、性能、見た目のデザインなど、
全てのバランスで実現できます。

そして、経験豊富な職人の手によってカタチになるのです。
私たち蓮見工務店は、それらすべてにこだわり、
お客様の一棟に全力をそそいでまいります。

注文住宅やリフォーム、リノベーション、店舗などの建築を
ご検討中の方には、これまでに携わったお宅をご見学していただけます。

「木造住宅の視覚的な心地よさ、
木にしか出せない香り、温かみのある手触り」

「木の心地よさと併せて太陽の光などを取り入れた、
パッシブデザインの良さ」

を感じて頂けます。

ご希望などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

先頭に戻る
MENU