注文住宅・分譲住宅・建売住宅の違い

注文住宅の内装

家を建てようと考え、情報集めを始めると、家づくりには、いろいろな方法があることがわかってきます。家族が求める家を手に入れるためには、どの方法が最も良いのでしょうか?自分たちの「我が家への想いを叶える家づくり」を成功させる方法を考えながら、注文住宅・分譲住宅・建売住宅という3つの家づくりの方法を確認していきましょう。

注文住宅

自分たちの希望に沿って進める家づくりが注文住宅です。そして注文住宅には、大きく分けて2つのタイプがあります。

0から始める注文住宅

注文住宅の外観

窓から緑を眺めて暮らせる家

完全なオーダーメイドの注文住宅です。何もないところから、外観、内装、間取り、住宅性能、住宅設備機器など、戸建て住宅に求められる要素を、思いのままに造り上げていく家づくりです。家族の暮らし方、価値観に合わせた家が完成しますが、その分、他の方法に比べて、手間と時間がかかる家づくりでもあります。

加えて、それぞれの工務店や設計事務所が持つ、家づくりへの矜持と、作風で家づくりが進められます。したがって、「自分たち家族のこだわりに合う施工先との出会い」が重要なポイントだと言えます。自分たち家族の家への想いを把握し、理解してくれる施工先と重ねる「家づくり計画の話し合い」は、楽しく、充実した時間です。

もし、敷地の広さや、家づくりの資金に制限がなければ、思う存分に夢をつぎ込むことができるので、手間と時間はそれほどかからないかもしれません。しかし、現実的には、敷地の面積と、家づくり予算という2つの制限の中で、家族の想いを叶えなくてはなりません。

その為には、家づくりに関する情報収集、土地探しから始まり、施工を依頼する工務店が決まった後は、家づくりプランを進めるにあたって、綿密な話し合いが必要です。こだわりがあればあるほど、話し合いには時間がかかります。

住宅完成後、「予算を削ったために、思い通りになっていない部分がある、無理をしてでも、希望を通せばよかった」と後悔するようなことになれば、その想いはずっと続きます。家は長く住む所です。子供が独立していった後には、終の棲家にするご夫婦がほとんどです。その長い期間、後悔し続けたくないと考えても、家は高額な買い物なので、衣服や家電のように、簡単に買い替えられません。

反対に、希望を通すために、予定以上に高額な住宅ローンを組んでしまえば、生活が圧迫され、豊かな日常生活を送れなくなってしまうでしょう。不満が残る家も、無理な住宅ローンを組む家も、幸せな生活を阻んでしまいます。

そのような結果にならないように、予算内で家づくりを進め、家族にとって暮らしやすい家を実現するためには、納得がいくまで、工務店との話し合いをすることが重要です。その点が他の家づくりより、時間がかかる理由の一つです。

規格型注文住宅

大手ハウスメーカーや、規格型注文住宅のフランチャイズに、加盟している工務店が建築する注文住宅です。外観、内装、間取りの標準仕様が決まっていて、その制限内で、色や建材、間取りを、好みや家族構成に合わせて選ぶ、というセミオーダー方式です。施工先によっては、オプションで住宅性能、住宅設備機器などのグレードを上げられるケースもあります。

また、資材を一括購入する、構造計算と設計は、全棟共通しているなどの理由から、オーダーメイドの注文住宅に比べると、工事期間が短縮される、という良さがあります。

「注文住宅は建てたいけれど、あまりに自由過ぎて、何から手を付けていいのかわからない」というご家族や、「仕事が忙しく、家づくりの話し合いに時間をかけられない」「早く完成させたい」というような事情がある場合には、取り組みやすい家づくりです。

土地付き完成住宅

すでに完成している住宅には、主に2つのタイプがあります。

分譲住宅

施工する会社が、インフラを整備した分譲地に建てる「土地付きの戸建て住宅」です。一般的な注文住宅の建築費より高額な高級住宅から、一般的な注文住宅の建築費より低額で、低価格を売りにしている住宅まで、幅広い価格帯が揃っています。

小さな分譲地に、数軒の分譲住宅が並んでいるケースから、広大な分譲地に、たくさんの分譲住宅が建ち並び、公園などが配置されて、街並みが調えられるケースまで、規模にも幅があります。

建売住宅

住宅地の中の売地に建てられる土地付きの住宅です。分譲地の場合、その区画内に同じ雰囲気を持つ住宅が立ち並びますが、建売住宅はそうではありません。一般的な注文住宅の建築費より、低額に設定されていることが多いです。

分譲住宅も、建売住宅も、土地探しの手間がありません。加えて、すでに完成しているので、すぐに入居できる、実際に完成した家を確認できるという点が、家づくりに時間がかけられない、すぐに入居したいというご家族には有利です。

 

注文住宅の魅力

子育て住宅

ひなたぼっこが気持ち良い家

家族が住みたい土地に家を建てられることと、オーダーメイドの家づくりが注文住宅の魅力です。

住みたい土地に家を建てられる

暮らしやすい土地は、家族構成や家族の好み、価値観によって異なります。通勤通学や買い物、病院など生活の利便性に加えて、子育て中の家族であれば、子供を安全に育てられる地域であり、子供用の施設や図書館、公園が充実している子育てしやすい地域に家を建てたいはずです。

同時に、街並みの雰囲気が、家族の好みや価値観にあっていることも重要なポイントです。街並みの雰囲気は、窓からの景観を良くするだけではなく、散歩を楽しめる環境を調え、暮らしを豊かにします。土地探しは大変ですが、長く住む家を建てる場所を、徹底的に追及できるので、自分たちが選んだ土地に住めることは、とても幸せなことです。

家づくりに先立って、施工先の工務店を決める、という手順で家づくりを進める場合には、工務店といっしょに土地探しをできます。工務店といっしょにする土地探しは、理想的な土地探しです。

家族の希望を把握している工務店側が、実際にその土地に家が完成した時の状況を伝えてくれるからです。特に、変形地や段差のある土地など、問題の多い土地であれば、どの程度まで、変形や段差を活かす設計ができるのかということに対する説明も受けられます。

家づくり予算に幅がある

「注文住宅は、土地付き住宅より、高額な家づくり費用がかかる」というイメージを持っている人は少なくありません。しかし、それだけではありません。注文住宅は、家族の家づくり予算に合わせて、家族の希望に沿った家が建てる家づくりです。想いを叶えるため、話し合いを続けながら、設計上の工夫、建材の選び方の工夫を重ねていき、予算の制限内で納得のいく家が実現されるのです。

家族の暮らしやすさに寄り添った間取りにできる

暮らしやすい家のカタチは、家族によって違います。家族構成、家族の暮らし方、家族の好みと価値観によって、暮らしやすい家のカタチが決まるからです。注文住宅には、基本のひな型がありません。まず初めに、家族の希望を全て並べ、それを基本に、外観、内装、間取りプランを作っていきます。

間取りプランを作る際には、3つの方向から考えることが大切です。ひとつは、新しい暮らしへの夢、イメージです。「吹き抜けがあって陽射しの溢れるリビングにしたい」「窓からの景観を楽しめる寝室にしたい」「夏は涼しく、冬は暖かい家にしたい」というような希望です。

もうひとつは、できるだけ細かく、現在の家族の暮らし方を思い浮かべ、それを間取りプランに反映させ、スムーズな動線と、使いやすい収納の備わった家にすることです。

最後の一つは、現状の希望だけではなく、将来の暮らしに備えた配慮です。家を建てる家族のタイミングにもよりますが、子育て中、または子育てに備えての家づくりという場合には、子供の成長に伴って、暮らしやすい家の条件は変化し続けます。その変化に対応できる間取りにしておくこと、また、子供の独立後や、自分達夫婦が高齢になった時にも、暮らしやすさが続く家にする備えが必要です。

■ ■ ■

家には、家族の想いが反映されていればいるほど、暮らしやすく、居心地の良い場所になります。そして、どんなに長く暮らし続けても、常に暮らしやすさが続く家でなくてはなりません。

家族の想いを叶える家を注文住宅で実現しませんか?

蓮見工務店の家づくりへの想い

注文住宅,家づくり,設計

私たち蓮見工務店は、「工務店」+「設計事務所」ならではの
手作りの家づくりときめ細かいアフターメンテナンス、
そして設計事務所として培ってきた
デザイン性、高性能な家を提供させていただきます。

「熱を集め、移し、蓄える」

「風を通し、涼を採り、熱を排出する」

「直接的な日射を避ける」 「断熱・気密性を高める」

などのパッシブデザインも積極的に取り入れ、
今まで多くの雑誌にも掲載していただきました。

快適で心地よい暮らしは、設計、性能、見た目のデザインなど、
全てのバランスで実現できます。

そして、経験豊富な職人の手によってカタチになるのです。
私たち蓮見工務店は、それらすべてにこだわり、
お客様の一棟に全力をそそいでまいります。

注文住宅やリフォーム、リノベーション、店舗などの建築を
ご検討中の方には、これまでに携わったお宅をご見学していただけます。

「木造住宅の視覚的な心地よさ、
木にしか出せない香り、温かみのある手触り」

「木の心地よさと併せて太陽の光などを取り入れた、
パッシブデザインの良さ」

を感じて頂けます。

ご希望などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

先頭に戻る
MENU