お客様インタビュー(山口様)

全幅の信頼をおけるプロに任せて良かった!住み心地のいい家に住むと毎日が幸せです

蓮見工務店では、蓮見工務店が行なう家づくりについて多くのかたに知っていただくために、今まで施工したお客様に インタビューを行なっています。今回インタビューにご協力いただいたのは、埼玉県久喜市にお住まいの山口さんご夫妻。 お子様の誕生をきっかけに家づくりを考え始め、運命的な出会いから蓮見工務店を見つけてくださいました。 完成から1年経った今でも「いい家だなぁ」と感じてくだっていることを聞き、とても嬉しく思いました。 今回は、山口様の家づくりへの思い、実際に建てて感じたことなどを聞いてきました。

家族構成 : 夫 賢一郎さん(34歳) 理学療法士
妻 あいさん(34歳) 実家手伝い
長男 倫太郎くん(5歳)
長女 ことはちゃん(3歳)
施工場所 :久喜市菖蒲町新堀
竣工年月日:2016年11月
施工完了までにかかった期間:6ヶ月

このインタビューのご家族の作品紹介はこちら

自然を感じながら育ってほしい!子どもの誕生で家づくりを考え始めました

ー 家づくりを考え始めたきっかけは?賢一郎さん: もともと浦和でマンション暮らしをしていたんですが、
妻がずっと一軒家に憧れを持っていました。

あいさん:一番のきっかけは長男が生まれたことです。マンションから 見える景色が空だけだったことが子どもにとってすごく可哀想に思って いました。もっと木々が揺れているところや鳥が飛んでいるところ、 花が咲いているところという季節の移り変わりを窓から見られたら いいな。ということを考えていました。
私自身が自然の中で育っていたことも関係していると思います。

ー 工務店選びで基準にしていたことはありますか?

あいさん:無垢材と、珪藻土や漆喰などの自然素材を使った壁材を積極的に使って家を建ててくれる工務店さんを探していました。
無垢材は足の触りがやわらかいのと、使っていくうちにどんどん味が出てくるというところに魅力を感じていました。
珪藻土は空気を綺麗にしてくれる働きがあるということを知り、ぜひ使いたいと思いました。
あとは、過去に接着剤のにおいが気になった経験があったので、そういう対策もしっかりしている工務店さんを探していました。

賢一郎さん:僕は彼女の言いなりでした笑

建てる家のセンス」と「お客様と築かれた信頼関係」を見てここしかないと思いました

ー 蓮見工務店を知ったきっかけは?あいさん:保育所に通っていたときの通り道で自分の理想に近い家を 見つけて、その家に一目惚れしたんです。
「あの家はどこで建てたんだろう?」と前を通るたびに思っていて、 直接聞きに行こうかと思ったくらい気になっていました。
そのときちょうど「チルチンびと」という雑誌でも家探しをしていて、 地域主義工務店のところに蓮見工務店さんが載っていたので、ホーム ページを調べてみたんです。
そしたら施工例に、ずっと気になっていた理想の家が載っていたんです。
「え!?まさか!」と興奮してすぐに電話したのを覚えています。 運命的なものを感じました。

ー 蓮見工務店で家づくりを決めた理由は?

賢一郎さん:もともとはさいたま市周辺で探していて、そのときに大手の住宅展示場も見ていたんですが、規格に沿ったような造りの 家が多くてどこも似たようなイメージでした。
見学をした結果、大手より個人の工務店さんが良いなと思っていていろんな工務店さんを見ました。
詳しく見たのは蓮見工務店さんをあわせて3社くらいです。

あいさん:蓮見工務店さんに来たときに、第一印象ですごく気に入りました。初めて来たときにはもうほとんど決まっていたと思います。 実際に蓮見さんが建てたお家をいろいろ見せてもらったんですが、どのお家もすごく素敵でした。
あと、あるお家に見学へ言った際に、そのお家のご主人と蓮見さんのやりとりを見て「信頼関係があっていろんなことを蓮見さんに お任せしていること」が伝わってきたんです。
そこまで信頼されてらっしゃるのは、それだけの技術があって人柄が魅力的だからだと感じました。そこも選んだ理由として大きかったと
思います。やはり信頼できるかたにお家を建ててもらいたいと考えていたので。
1年住んでみて本当に大満足で、より信頼関係が築かれてきているので、心から蓮見工務店さんの良いところを言えます!

空間だけでなく家族のライフスタイルまで考えた家を提案してくれました

ー 設計から竣工まではどのような流れで進行しましたか?

賢一郎さん: 最初は「チルチンびと」に載っていた間取りをもとに 進めていきました。
家の形を指定して、吹き抜けをつけていただきたいことをお伝えし、 あとはお願いします!という感じで、ほとんど蓮見さんにお任せでした。 あと、いろいろな施工例を見せていただいた中で素敵だと思ったものを 取り入れてもらいました。
途中で書斎がほしくなって変更してもらったり、オール電化から ガスコンロへの変更もしてもらい、基本はお任せですが細かいところの変更も丁寧に対応してくださいました。

ー 条件面で大事にされていたことはありましたか?

賢一郎さん:無垢材・自然素材も一番大切にしていましたが、それ以外でいうと切妻屋根にこだわっていました。
切妻屋根の家は安定感と迫力があって、内部空間で1階から2階に上がる途中で吹き抜けが作れるので、内部空間もおもしろく作れるというところに惹かれていました。

ー 家を建てるきっかけにもあった「お子様の生活面」で気にしたことはありますか?

賢一郎さん:子どもが家の中を走り回れるように、区切りがない広い空間を実現してもらいました。 あとは、子どもが遊ぶスペースとしてリビングの中に畳スペースを作ってもらいました。

あいさん:キッチンに立ったときに子どもに目が行き届くような設計にしてもらい、キッチンから庭も見渡せるような設計にしてもらい ました。おかげで、今では子どもたちが家中を好きなように動き回っています。
マンションで暮らしていたときはどうしても動きが制限されて思うような遊びができなかったこともありましたが、一軒家にしたことで 「ボールを投げてもいいし、走ってもいいよ。」と子どもに言えるようになりました。
また吹き抜けになっていることで、子どもが2階にいても音や気配をしっかり感じることができるので、だいたい様子を把握できるのが
良いですね。 家族のライフスタイルまで深く考えてくだった設計に感動しました。

自慢したくなる家!機能面から目に見えないところまで行き届いた対応に大満足です

ー 実際に住んでみて良かったと思うことはありますか?<賢一郎さん:全部です!笑
強いて言えば、僕が寒さに弱いので、温かい家がいいということは建てる前からずっと言っていました。
床暖房にすると床に使用できる無垢材に制限があるということだったので、断熱性能を上げてもらいました。実際に住み始めて非常に温かくて快適です。
本当に温かくて、最近石油ストーブを買ったんですが、それを1.2時間つけておけば翌朝も20℃あるくらい温かいんです。夏は窓を開けて温かい空気が入ってきてしまうと暑いんですよ。
逆に閉めておいた方が涼しいのには驚きました。

あいさん:建ててから1年経ちますけど、今でも家に帰ってくるたび「いい家だなぁ」と思います笑 友達が来て「いい家だね」と言われると「本当にいい家なんだよー!」と言ってしまいます。
電気屋さんとかガス屋さんもすごく褒めてくれるんですよ。
近所に住んでいる大工さんにも「これはすごい家だ」と言っていただけるんです。
電気屋さんが屋根裏の工事に入っていただいたときも「裏まですごくキレイですよ」と言われました。見えないところまで本当にキレイに作ってあることにも感動しました。
いろんな家を見る機会がある人たちにも褒めていただけているので、その度に本当にここで建てて良かったと思います。

ー 逆に「もっとこうすればよかった」と感じる点はありますか?

あいさん:ベレンダに布団をかけるためにつけた手すりの奥行きがもう少しほしかったなと思います。 どうしても住んでみないと分からないところもあると思うので。それくらいですね。

蓮見工務店さんに関わるすべての人が魅力!家づくりを考えている人はいつでもうちに遊びにきてください

ー 家づくりの中で思い出に残っているエピソードがあれば教えてくださいあいさん:施工中、大工さんにお茶などを持って行ったときに、木くずなどのほこりがすごかったので「毎日暑い中大変ですよね」と声をかけさせてもらったことがあったんです。
そのときに「僕たちはこんなに良いところで働かせてもらっていて幸せですよ」と大工さんがおっしゃったんですよ。
そういう気持ちで働いてらっしゃるということは、蓮見さんとの関係も良いことが自然と伝わってきました。
蓮見さんからも「うちの大工は良い」とお聞きしていたので、お互いが強い絆で結ばれていることを感じて「ここに頼めば間違いない」と思いました。蓮見さんの良さをいろんな人に知ってもらいたいです。

賢一郎さん:会社のみなさんが真摯に誠実に家づくりに向き合ってくださっているのを感じます。 大工さんも含め、全員が仕事に誇りを持っているところが素敵だと思います。
初めてお会いしたときから、蓮見さんからは商売っ気を感じず、とにかくいい家をつくるために真剣な印象を受けました。
それに良くないことはしっかり言ってくださります。こちらの希望を全部取り入れるわけではなくて、良くない理由をしっかり説明してくれるので、安心してお任せできました。
信頼関係が築けたこともあり、家を建てた後も蓮見さんとは交流もあり、今も仲良くさせてもらっています。

ー ありがとうございます!最後に、これから家を建てる人にメッセージをお願いします

あいさん:家づくりを考えている場合、最初に費用を考えるかたがほとんどだと思います。 たしかに予算も大切だと思うんですが、自分にとって、住んでいて心地が良いと思える家はどんなものなのか?をしっかり考えるべきだと感じました。
費用だけを重要視して他のところで妥協をしたときに、そのお家が本当に快適なのか?ということを考えるべきだと思います。 家にいる時間が幸せと思える今、蓮見工務店さんにお願いして本当に良かったと思っています。

賢一郎さん:蓮見さんが「自分の目が行き届く範囲で仕事がしたい」とおっしゃっていたんですが、その考えがとても素敵だと思っていました。
建てた後も「何かあったらすぐに来るので言ってください」と当たり前のように言ってくださって本当に信頼のおける会社だと思いました。 蓮見さんと出会って思ったのは、家づくりは信頼のおけるプロに全面的に任せた方が良いということです。
最初は素人なりの知識レベルでいろんな要望もあったんですけど、蓮見さんと会ってこの人に任せるのが一番良いと早々に感じさせてくださいました。なので、全幅の信頼をおけるプロに任せよう。ということを伝えたいです。
あとは、僕たちもいろんなお家の施工例を見て決めることができたので、蓮見さんの建てる家が気になるかたは、いつでもうちに遊びにきてくだい。

このインタビューのご家族の作品紹介はこちら

インタビュー一覧に戻る

北本市で設計事務所に建築・施工を依頼するなら

【蓮見工務店+蓮見建築設計事務所】は、埼玉県の北本市にある工務店+設計事務所です。

注文住宅やリフォーム、リノベーション、店舗などの建築・施工に携わってきました。

ご希望があれば、これまでに携わったお宅をご見学頂く事も可能です。

木造住宅の視覚的な心地よさ、木にしか出せない香り、温かみのある手触りを感じて頂けます。

ご希望などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

木の心地よさと併せて太陽の光などを取り入れた、パッシブデザインも感じて頂けるのではないでしょうか。